イラン人収集家:所持金750ドルの学生が富豪に-イスラム美術で

ナセル・デービッド・ハリーリ氏 はロシアのサンクトペテルブルクにあるウインターパレスの展示室に立 ち、18世紀に制作された花を描いたエナメル画を見つめている。

それは、同氏が保有する芸術品約2万5000点のうちの1つだ。 「これを手に入れるためなら幾らでも支払っただろう」。フランス人画 家が描いたこの細密画をそう評しながら「他人に買わせるようなことは できなかった」と語る。

ハリーリ氏(64)はイラン出身でロンドン在住の資産家。芸術作品 のコレクションをロシアで公開するのは5回目だ。ブルームバーグ・マ ーケッツ誌5月号によると、曇り空が広がる昨年12月の午後、同氏の エナメル画コレクション1200点のうち320点がエルミタージュ美術館 で展示されることになっていた。この美術館は女帝エカチェリーナ2世 のコレクションも所蔵している。

チャーターした航空機で到着したハリーリ氏は薄い色の付いた眼鏡 の奥から私的な内覧会を楽しんでいる。かつて米国の鉄道王ウィリア ム・バンダービルトの自宅に飾られていた枝付き燭台などを鑑賞する。 ハリーリ氏は34年前、これら3点を1万6500ドル(現在のレートで 約150万円)で購入した時のことを鮮明に覚えていると話す。現在の価 格は60万ドルに上るという。

ハリーリ氏によると、同氏が美術館に貸し出したエナメル画の保険 総額は1億ポンド(約140億円)を超える。それでも、40年間の歳月 をかけて集め続けたイスラム美術の芸術品約2万点に比べれば取るに足 らないと言う。

競売会社、米サザビーズの中東美術担当責任者、エドワード・ギブ ス氏(ロンドン在勤)は「ハリーリ氏のコレクションは、個人の所有物 としては間違いなく最高レベルだ」と指摘。「彼はすべてを手に入れた 人物だ。彼が市場を決定付けている」との見方を示す。

ハリーリ氏のとらえどころのなさはさまざまな憶測を呼ぶ。主に美 術品収集の資金をどうやって調達したかをめぐってだ。同氏によると、 1967年にイランを出国した時の所持金は750ドル。それ以降、美術品 収集に6億5000万ドルをつぎ込んだ。英紙サンデー・タイムズは 2007年、ハリーリ氏の資産を58億ポンドと推定。08年は推計するの をあきらめ、年間の長者番付に掲載するのをやめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE