アジア株:上昇、経済成長への期待で-キヤノンや神戸製鋼が高い

30日のアジア株式相場は上昇。 2月の米個人消費支出が5カ月連続で増加し、3月のユーロ圏景況 感も改善したことから、MSCIアジア太平洋指数は10週間ぶり の高水準に上昇している。

米州での売上高が全体の20%余りを占めるキヤノンやソニー が高い。香港市場に上場している衣料小売り大手のエスプリ・ホー ルディングスは3.8%高。同社は欧州での売上高が全体の80%余り を占める。商品相場高を受けて三菱商事も買われた。神戸製鋼も値 上がり。今期(2010年3月期)の連結純損益が30億円の赤字と、 従来予想の220億円の赤字より小幅にとどまるとの見通し示した。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後3時40分現在、 前日比0.9%高の126.19。このまま引ければ1月18日以来の高値 となる。日経平均株価は前日比110円67銭(1%)高の1万 1097円14銭で取引を終えた。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・ マネジメントの投資市場調査責任者、スティーブン・ハルマリック 氏(シドニー在勤)は「回復は軌道に乗っているが、市場にはまだ 注意すべき構造的な問題が幾らか残っている」と指摘。「経済指標 の一貫性について、依然としてやや慎重な姿勢を維持している」と 語った。

-- With assistance from Akiko Ikeda in Tokyo. Editors: Darren Boey, Nicolas Johnson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net; Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE