米当局、欧州企業の汚職調査拡大の公算-独紙ハンデルスブラット

米当局が欧州企業の汚職に関する 調査を拡大する公算が大きいとドイツ紙ハンデルスブラット(オンラ イン版)が報じた。法律事務所フレッシュフィールズブルックハウス デリンガーのパートナー、アーロン・マーキュ氏(ニューヨーク在勤) の話として伝えた。

同紙によると、米当局は海外腐敗行為防止法(FCPA)に基づ き、過去最大の111件の調査を進めている。また、米司法省は汚職取 り締まりのために今後1-2年で人員を最大5割増やす計画という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE