台湾の中華電信:20%減資を取締役会が承認-約564億円相当

台湾最大の電話会社、中華電信は 約194億台湾ドル(約564億円)の資本に相当する20%減資を同社取締役 会が承認したと発表した。既存株1株を新株0.8株に交換し、1株当た り2台湾ドルを株主に還元する。同計画の実施には6月18日の株主総会 で承認が必要になるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 蒲原桂子 +81-3-3201-2359 kkambara@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE