IMF:ギリシャから支援要請あれば条件課す-専務理事(Update1)

国際通貨基金(IMF)のスト ロスカーン専務理事は、ギリシャから支援要請があればIMFは同国 に条件を課すだろうとの認識を示した。

同専務理事は30日、ワルシャワからブカレストへの空路での移 動中のインタビューで、「本当にもしもの話だが、ギリシャが支援を 求めれば、われわれは他の加盟国と同様に、同国に支援を提供するだ ろう」と述べ、「他のあらゆる国と同じように、IMFの経済プログ ラムが決定される。IMFがその条件を設定する」と説明した。

ストロスカーン専務理事は、ギリシャが支援を要請するまでIM Fは関与しないと強調。現時点でIMFが講じる「措置はない」と言 明、「すべてがわれわれではなくギリシャ側の手中にある。われわれ がある国に行って、あるプログラムが必要だと断定することは決して ない。常にその逆だ。ある国からIMFに要請があるまで、IMFが 果たす役割はない。それはギリシャの場合も同じだ」と語った。

同専務理事は、ギリシャが借り入れることのできるだろう融資額 についてのコメントを拒否。ギリシャは29日、7年物国債を50億ユ ーロ(約6300億円)起債。また財政赤字削減に向け公務員賃金の引き 下げや増税に動いている。同専務理事は、「なすべき正しいことのよ うだ」と述べたものの、財政健全化に向けた追加措置が必要かどうか 今は自らは答える立場にはないと付け加えた。

To contact the reporter on this story: Agnes Lovasz in London at alovasz@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Chris Kirkham at ckirkham@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE