第一三共:印子会社ランバクシー上場廃止の可能性報道を否定

国内医薬品3位の第一三共は30日、 同社がインドの製薬子会社、ランバクシー・ラボラトリーズを上場廃止 にする可能性があるとの一部報道を否定した。第一三共の広報担当、五 十嵐美智子氏が同日、ブルームバーグ・ニュースの電話取材に対し、憶 測記事だとした上で、上場は維持すると語った。

ランバクシーが4カ月以内にインドの証券取引所で上場廃止となる 可能性があるとインド紙フィナンシャル・エクスプレスが報じた。情報 源には言及していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE