亀井郵政相:閣僚懇で「ありがたく意見聞く」も修正考えず-郵政改革

亀井静香金融・郵政担当相は30日 午前の閣議後会見で、閣僚らから異論が相次いでいるゆうちょ銀行の預 入限度額引き上げなど郵政改革案について「鳩山総理はOKしている」 と修正する考えはないことをあらためて強調した。その上で、同改革法 は遅くとも2011年4月には施行する方針を示した。

亀井担当相は今夕、郵政改革を議論する全閣僚出席の懇談会につい て、原口一博総務相とで決めた改革案をもとに「所管外の閣僚から意見 を聞くのはありがたい。集めた資金の運用などについて幅広く意見を聞 きたい」と述べた。閣僚懇を受けて同案を修正などはせず「後は法案を 出すだけ」と強調した。

24日公表の郵政事業改革案は預入限度額の1000万円から2000万円 までの引き上げのほか、政府が日本郵政株式を3分の1超保有し、かん ぽ生命とゆうちょ銀株式は日本郵政が3分の1超持つよう求めている。 旧自民党政権はかんぽ、ゆうちょ銀株式は100%売却する方針だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE