田中IEA事務局長:今年の原油需要拡大へ-新興国がけん引

国際エネルギー機関(IEA)の 田中伸男事務局長は29日、世界経済は「比較的低調」だが、原油需要 は新興国に支えられて2010年に拡大するとの見通しを示した。

田中事務局長は国際エネルギー・フォーラムの会合が開かれてい るメキシコのカンクンで、「原油需要は新興国によって今年拡大する」 と予測。ただ、「世界市場の下振れリスクをなお懸念している」と述べ た。

IEAは需要に関する最新の月間報告書で、今年の世界原油需要 見通しを日量7万バレル引き上げて8660万バレルとした。これは09 年を日量160万バレル(1.8%)上回る水準だ。

世界経済が1930年代以来最悪のリセッション(景気後退)から脱 却するなかで、インドや中国といった新興国の経済成長が原油需要を 押し上げている。

ただ田中局長は、中国のインフレ懸念によって、経済成長が鈍化 し、米国と欧州の需要低迷が予想以上に緩やかな原油需要につながる との懸念が強まっているとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE