保土谷化株が急落、一転2期連続の最終赤字見込みに-有価証券評価損

精密化学品を手がける保土谷化学 工業の株価が前日比4.6%安の354円と急落。保有する有価証券の評価 損計上が響き、今期(2010年3月期)の連結最終損益が一転して赤字 に転落する見込みとなった。株価が高値圏にあったことから、2期連続 の赤字予想に売りが膨らんだ。

会社側が29日に発表した業績予想修正によると、今期の連結最終 損益は7億5000万円の赤字となりそう。従来予想は5億円の黒字だっ た。同社の松野真一経営企画部長は有価証券評価損などについて、「取 引先や非上場株などで約9億円の評価損となる見込み」としている。

同社株は前日に2007年7月以来の高値に上昇しており、戻り売り が出やすい水準にあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE