アジア株:上昇、景気回復期待で-サムスン電子や三菱商事が高い

30日午前のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば10週間ぶりの高い水準 となる。米個人消費支出が5カ月連続で増加し、3月のユーロ圏景況 感が改善したことが手掛かりとなった。

米州の売上高が全体の20%余りを占めるキヤノンや韓国のサム スン電子が高い。サムスン電子は最低1%の上昇。原油や金属価格の 上昇を受け、三菱商事や世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBH Pビリトンも値を上げた。BHPは1%強の上昇。今期(2010年3月 期)の連結最終損益の改善予想を発表した神戸製鋼所も大幅高。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時33分現在、前日比

0.5%高の125.68。このまま推移すれば1月18日以来の高値での終了。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE