住金:鉄鉱石価格、90%値上げで暫定合意-ヴァーレと

粗鋼生産国内3位の住友金属工業は、 ブラジルの資源大手ヴァーレと2010年度の鉄鉱石価格交渉で、4-6 月期の輸入価格を09年度に比べ90%程度引き上げることで暫定合意し た。価格は1トン当たり100-110ドル(本船渡し)となる。

住金広報・IR部の松井俊文・広報グループ長が30日、ブルーム バーグ・ニュースに対して確認した。

鉄鋼原料を巡って、国内鉄鋼各社は原料炭も英豪系BHPビリトン やカナダ資源大手テック・リソーシズ、英豪系資源大手リオ・ティント などと、09年度比55%の値上げが決まっている。今後は原料価格の上 昇分を、自動車や家電メーカーなど最終消費財の価格にどの程度転嫁で きるかが焦点となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE