OPECとIEA、IEFが石油相場乱高下の対応策発表へ

石油輸出国機構(OPEC)と国 際エネルギー機関(IEA)、国際エネルギー・フォーラム(IEF) は、協力強化と透明性の拡大を通じて石油市場の乱高下を防止するこ とで合意したと発表する。この計画を直接知る関係者2人が明らかに した。

公式発表前を理由に同関係者らが匿名を条件に語ったところによ れば、合意はメキシコのカンクンで開かれるIEF閣僚会議(2年に 一度開催)が終了する31日に発表される予定。合意には専門知識の蓄 積やデータの共有が盛り込まれている。

30日に開幕する閣僚会議には、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱 物資源相や米エネルギー省のダニエル・ポネマン副長官ら、60を超え る国・地域の当局者が参加。並行して開催されるビジネスフォーラム には、米エクソンモービルのレックス・ティラーソン氏や英・オラン ダ系ロイヤル・ダッチ・シェルのペーター・ボーザー氏ら、一部の石 油大手の最高経営責任者(CEO)が出席する。

IEFのフルスト事務局長は28日、メキシコのカンクンでインタ ビューに応じ、石油の生産者と消費者はともに、2008年に起きた1バ レル当たり115ドルの変動の再来を避けようと、価格の乱高下に対抗 する「幅広い合意」を目指すだろうと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE