日経平均は1万1000円回復、世界景気回復期待で鉄鋼や金融株に買い

東京株式相場は反発し、日経平均株 価は終値ベースで約1年半ぶりに1万1000円台を回復した。世界景気の 回復持続期待から、鉄鋼やガラス・土石製品、銀行といった景気敏感業 種を中心に買われた。原油など商品相場の上昇を受け、収益期待の高ま る商社や非鉄金属など資源関連株も高い。

日経平均株価の終値は前日比110円67銭(1%)高の1万1097円 14銭。TOPIXは同13.45ポイント(1.4%)高の979.58。両指数と も午後にじり高展開で、この日の高値圏で終えた。

DIAMアセットマネジメントの岩間恒シニアポートフォリオマネ ジャーによると、世界的にマクロ経済が順調に改善の路をたどっている ことで、ミクロ面の企業業績のV字回復に対する信頼感が高まってきた という。「眼前に垂れ込めていた霧が晴れつつある。投資家のリスク許 容度は上がっており、売り手不在の状況」と解説した。

米国で29日に発表された2月の個人消費支出(PCE)は前月比

0.3%増加と、5カ月連続のプラス。欧州連合(EU)の欧州委員会が 同日発表した3月のユーロ圏景況感指数(速報値)は97.7と、2008 年 5月以来の高水準となった。米欧を中心とした世界的な景気回復期待か ら、日本株市場ではJFEホールディングス、太平洋セメントなど素材 株が買われ、三井住友フィナンシャルグループなど銀行株も上昇。

世界景気の回復による需要伸長期待に加え、ドルの対ユーロ相場が 下落したことで商品に対する投資意欲が増し、29日のニューヨーク商 業取引所では原油先物が前営業日比2.7%高と、1営業日の上げとして は2月16日以降で最大を記録した。銅や金の先物も上昇しており、商 品価格高が収益押し上げ要因となる三菱商事、石油資源開発、住友金属 鉱山など資源株が買われた。

立花証券の平野憲一執行役員は「昨年来の流動性相場が続き、行き 場を求めて余剰資金が株式に向かっている状況だ」と話した。また、今 週後半に発表される日本銀行の企業短期経済観測調査(短観)や米国雇 用統計を前に、「両指標の改善を先取りした動きも出ている可能性があ る」と、丸三証券の牛尾貴投資情報部長はいう。

東証1部の売買高は概算で22億1089万株、売買代金は1兆5289 億円。値上がり銘柄数が1359、値下がり212。業種別33指数では、パ ルプ・紙、その他金融、鉄鋼、卸売、ガラス・土石製品、繊維製品、銀 行など32業種が上昇、下落は医薬品のみ。

システムP急騰、あさひ安い

個別では、アジア向け鋼材の好調などで、10年3月期に一転して 連結経常黒字を確保する見込みと発表した神戸製鋼所が高く、神戸鋼系 のメーカー商社の神鋼商事も急伸。グーグルの携帯電話端末用OS「ア ンドロイド」を搭載する携帯電話の新機種開発に携わるシステムプロが 午後に急騰。きょう午前には、KDDIがアンドロイド搭載の多機能携 帯端末を6月上旬以降に発売すると発表している。

半面、11年2月期の単体営業増益率が前期比で大幅に鈍化する見 通しとなったあさひが急落。10年3月期の連結最終損失が従来計画か ら拡大する見込みと発表したOKKも安い。直近で急騰していたクボテ ックは急反落し、東証1部の値下がり率1位。

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前日比1.1%高の53.47、 東証マザーズ指数は1.7%高の450.97、大証ヘラクレス指数は1.2%高 の628.73とそろって上昇。個別ではエイチアイ、フィスコ、メディネ ットが買われ、ACCESS、CHINTAIも高い。マネーパートナ ーズグループ、インフォコム、ウェルネットは下落。

-- Editor:Makiko Asai, Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京  河野 敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE