仏大統領:EUの支援計画、ギリシャの借り入れコスト軽減に寄与

フランスのサルコジ大統領は29 日、欧州連合(EU)のギリシャ支援計画は同国の借り入れコストを 軽減することに成功したと述べた。同大統領は、投機家が問題を引き 起こしたと批判した。

訪米中の同大統領は、ニューヨークのコロンビア大学での学生と の質疑応答で、同計画の合意以降「スプレッド(利回り格差)と投機 は縮小し、金利は低下した」と述べた上で、「ギリシャが攻撃された時 に、攻撃されたのはギリシャではなくユーロだった」と指摘した。

先週のEU首脳会議での合意の結果、ギリシャが金融市場におい て既存債務の繰り延べが不可能となった場合、国際通貨基金(IMF) とEUが協調融資を行うこととなった。ギリシャ10年債のドイツ10 年債とのスプレッドは315ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) と、1週間前の337bpから縮小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE