NY金:上昇、ドル下落で代替投資需要が高まる-終値1111.50ドル

ニューヨーク金先物相場は上昇。 ドルの下落を背景に代替投資先としての金への需要が高まり、1週 間ぶり高値を付けた。

ギリシャ懸念が緩和したことで、ユーロの対ドル相場は一時

0.9%上昇。商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB 指数は2月16日以来の大幅高となった。金は2009年に24%上昇し た一方、主要6通貨のバスケットに対するドル指数は4.2%下落した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏は「ドル安は金の支援材料だ」と指摘。「トレーダーはド ルが下げたのを見て参入し、商品全般に買いを入れている」と語っ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物6月限は前週末比6.10ドル(0.6%)高の1オンス=1111.50ドル で取引を終了。一時は1116ドルと、19日以来の高値を付ける場面 もあった。年初からは1.4%上昇。四半期ベースでは6四半期連続で プラスとなりそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE