ガイトナー長官:女性のビジネス機会、米金融界で「深刻な不均等」

ガイトナー米財務長官は金融業 界に対し、経営幹部の多様化を図り、もっと多くの女性を取締役に 起用するよう促した。

ガイトナー長官は財務省で29日開催されたシンポジウムで講演。 講演原稿によると同長官は「ビジネス・金融界の女性にとっての機 会は均等からは程遠い」と指摘した。

長官は女性の職業機会に関する米国の実績は誇りに思えるもの ではないと指摘。その一例として、連邦政府が有給の育児休暇を付 与していないこと、学業成績では女性の方が男性を上回る傾向があ るにも関わらず、大卒の女性の給与は一般的に男性よりも20%低い ことを挙げた。

その上で、「国民が機会を平等に享受できるのか、また個人の 長所や努力、熱意に基づいて昇進し、かつ成績を上げる機会を得ら れるのかが、社会の公正さを判断する重要な試金石だ」とし、「米 国はその両方において改善の余地がある」と続けた。

原題:Geithner Says Women Face ‘Deep Disparities’ in Opportunities

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE