グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。指標のハンセン指数が1週間ぶりの高値で 引けた。不動産のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地)と中国建 設銀行の決算を好感した。

中国政府系の不動産会社、チャイナ・リソーシズランド(1109 HK)は4.9%高。中国の銀行2位、建設銀(939HK)は1%上げた。

中国の石炭生産最大手、中国神華能源(1088 HK)は3.2%高。 干ばつの影響で水力発電の発電量が減少し石炭需要拡大につながると の観測が背景。この日上場した運動靴メーカーの飛克国際(1998 HK)は14%高で初日の取引を終了した。

中国の自動車メーカー、吉利汽車(175 HK)は1.5%高。同社 の親会社は米フォード・モーターからスウェーデンのボルボ部門を買 収することで最終合意した。

ハンセン指数は前週末比184.32ポイント(0.9%)高の

21237.43と、19日以来の高値。期初からは2.7%下落となり、4 四半期ぶりの四半期下落に向かっている。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前週末比1.4%高の12215.48。

クアム・リサーチの調査責任者、ヘンリー・チャン氏は「世界的 な景気回復は3、4年続く。今は短期的な回復期ではない」との見方 を示した。

チャイナ・リソーシズランドの2009年通期利益は前年比2倍強 の44億1000万香港ドルだった。建設銀の09年10-12月(第4 四半期)純利益は207億元と、前年同期の83億7000万元から増加 した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は7週間ぶりの大幅高となった。 中国建設銀行(601939 CH)と中国石油化工(Sinopec、 600028 CH)が増益となったほか、株価指数先物の導入により、証 券会社の収益が拡大するとのアナリストの見方を背景に上げた。

中国の上場証券会社で最大手の中信証券(Citic証券、 600030 CH)と、招商銀行(600036 CH)はともに3%を超える上 昇。中国2位の銀行、建設銀は2.3%上げた。アジア最大の製油会社、 中国石油化工は1.8%高。干ばつによって石炭需要が高まるとの観測 を背景に神華能源(601088 CH)など石炭株も買われた。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで運用に携 わるチャン・リン氏(北京在勤)は「株価指数先物の導入は、出遅れ ていた大型株を押し上げている」と指摘。また、「昨年実績が芳しく なかったため1-3月(第1四半期)は前年同期比で好決算となるだ ろう。4-6月(第2四半期)や7-9月(第3四半期)にかけて改 善が続くかどうかを見極める必要がある」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前週末比64.08ポイント(2.1%)高の3123.80。 2月3日以来の大幅な上昇率となった。上海、深セン両証取のA株に 連動するCSI300指数は前週末比2.6%高の3358.54。

【インド株式市況】

インド株式相場は4営業日続伸。指標のセンセックス30種株価 指数は2年余りで最高となった。商品相場高を背景に金属株が買われ た。

アルミ生産でインド最大手のヒンダルコ・インダストリーズと、 産銅会社スターライト・インダストリーズが上げを主導した。在庫減 少を受けて世界的な需要に対する強気の見方が高まり、金属相場は上 昇している。海外ファンドによるインド株売買動向は25日まで17 営業日連続の買い越しとなり、ルピーも対ドルで2008年9月以来の 高水準と、インド経済への期待がうかがわれる。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比66.59ポイ ント(0.4%)高の17711.35と、08年2月28日以来の高値で引 けた。このままいけば1-3月(第1四半期)は四半期ベースでも5 期連続の上昇と、1994年7-9月(第3四半期)まで以来の長期続 伸になる。

ヒンダルコ(HNDL IN)の終値は3.1%高の184.25ルピーと、 08年5月16日以来の高値。スターライト(STLT IN)は2.2%上 げ837.75ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比0.4ポイント高の4897.3。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比5.73ポイント(0.3%)安の

1691.99。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比70.59ポイント(0.9%)高の7947.45。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比22.86ポイント(0.8%)高の2929.14。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前週末比4.07ポイ ント(0.3%)高の1319.21。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比7.46ポイント(1%)安の771.40。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比18.31ポイント(0.7%)安の

2794.77。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比3.12ポイント(0.1%)安の

3177.56。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE