ECBノボトニー氏:低成長・インフレ低下の日本の運命回避する必要

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は、ユーロ圏はインフレ 低下と低成長という日本がたどった道筋を、財政政策見直しと競争力向 上の構造改革によって回避する必要があると指摘した。

同総裁は29日プラハで、「構造改革が長期的な経済・社会発展の基 盤になる」と述べた。通貨相場を引き下げることは決して、経済問題の 長期的解決策にはならないとの見解も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE