ECBノボトニー氏:ギリシャ支援「適切」、スプレッド低下へ

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は、欧州首脳が 打ち出したギリシャ支援策は「適切」だったとした上で、債務に苦 しむ同国の借り入れコスト低減につながるとの見通しを示した。

ノボトニー総裁は29日、プラハで記者団に対し、「われわれは 適切な解決を見いだした。ギリシャ問題を効率的に解決する好機だ とみている」と発言。支援策について、市場を「安定化」させ、国 債の「スプレッド(利回り格差)を縮小させるはずだ」と述べた。

また、「この解決策がECBの独立性に影響しないと考えるこ とが重要だ」と指摘。「ECBと国際通貨基金(IMF)は既に、 その他の状況下で協調した実績がある」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE