中国株(終了):上海総合指数、7週間ぶり大幅高-企業決算を好感

29日の中国株式市場で、上海総合 指数は7週間ぶりの大幅高となった。中国建設銀行(601939 CH)と 中国石油化工(Sinopec、600028 CH)が増益となったほか、 株価指数先物の導入により、証券会社の収益が拡大するとのアナリス トの見方を背景に上げた。

中国の上場証券会社で最大手の中信証券(Citic証券、 600030 CH)と、招商銀行(600036 CH)はともに3%を超える上 昇。中国2位の銀行、建設銀は2.3%上げた。アジア最大の製油会社、 中国石油化工は1.8%高。干ばつによって石炭需要が高まるとの観測 を背景に神華能源(601088 CH)など石炭株も買われた。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで運用に携 わるチャン・リン氏(北京在勤)は「株価指数先物の導入は、出遅れ ていた大型株を押し上げている」と指摘。また、「昨年実績が芳しくな かったため1-3月(第1四半期)は前年同期比で好決算となるだろ う。4-6月(第2四半期)や7-9月(第3四半期)にかけて改善 が続くかどうかを見極める必要がある」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前週末比64.08ポイント(2.1%)高の3123.80。 2月3日以来の大幅な上昇率となった。上海、深セン両証取のA株に 連動するCSI300指数は前週末比2.6%高の3358.54。

-- Zhang Shidong. Editors: Allen Wan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE