アジア株:上昇、金属高や中国企業の決算を好感-江西銅業が高い

29日のアジア株式相場は上昇。金 属相場高に加え、中国建設銀行や中国石油化工(Sinopec)の 増益決算を受け、資源株と銀行株が上げを主導した。

中国の産銅大手、江西銅業は上海市場で上昇。銅相場高を好感し た。中国2位の銀行、建設銀とアジア最大の製油会社、中国石油化工 はともに値上がり。

アジア最大の製薬会社、武田薬品工業は安い。同社など約2500 社の日本企業は29日に3月末決算の配当落ちを迎えた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時57分現在、前週末 比0.4%高の124.94。上昇銘柄と下落銘柄の割合は5対4。日経平均 株価は前週末比9円90銭(0.1%)安の1万986円47銭で取引を終え た。

約900億ドルを運用するAMPキャピタル・インベスターズの投 資ストラテジスト、ネーダー・ナエイミ氏(シドニー在勤)は「成長 が一段と根付きつつあるようだ」と指摘。「投資家は回復が明らかな拡 大につながることを期待している」と語った。

-- With assistance from Akiko Ikeda in Tokyo. Editors: Darren Boey, Nicolas Johnson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net; Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE