4-6月粗鋼需要、前期比1.5%減の2617万トンへ-経産省(Update1)

経済産業省は29日、2010年度第 1四半期(10年4-6月)の粗鋼需要は前期(同年1-3月)比1.5% 減の2617万トンになる見通しだと発表した。前期比割れは2期連続。

会見した経産省製造産業局鉄鋼課の小糸正樹課長は前期比割れの 見通しについて、例年、年度が変わる第1四半期は公共工事などが減 るため建設向け需要などが減少する「季節性がある」と指摘。その上 で、「減少傾向を示すものではない」との見方を示した。

発表資料によると、09年度の粗鋼生産は前年度比8.5%減の9650 万トンとなる見込み。4-6月の粗鋼需要は前年同期比ベースでは 37%増となる見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE