建築界の権威「プリツカー賞」、妹島と西沢両氏が受賞-5月に授賞式

ドイツのエッセンにある専門学校 ツォルフェライン・スクール・オブ・マネジメント・アンド・デザイ ンは、大きな四角い窓が無作為に壁に出現しているようなデザインが 特徴的だ。この建物のデザインを手掛けた日本人建築家の妹島和世氏 と西沢立衛氏が28日、建築界で最も名誉のある「プリツカー賞」を受 賞した。

同賞は1979年に創設され、シカゴのハイアット財団が主宰。年に 一度、「建築を通して人間と建築環境へ重大な貢献をした」建築家に贈 られ、賞金10万ドル(約930万円)が授与される。授賞式は5月17 日にニューヨークのエリス島で行われる。

妹島、西沢両氏は共同で設計事務所SANAAを運営。これまで 美術館や大学に加え、高級ブランド品大手の仏クリスチャン・ディオ ールやスイスの製薬会社ノバルティスといった企業のために建築デザ インを手掛けている。特にニューヨークのニュー・ミュージアム・オ ブ・コンテンポラリー・アートは究極のミニマリズム(最小限主義) デザインと称されている。

(ラッセル氏は、ブルームバーグ・ニュースの米国の建築評論家で す。この記事の内容は同氏自身の見解です)

-- Editors: Rick Warner, Manuela Hoelterhoff

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: James S. Russell in New York at +1-212-799-4254 or jamesrussell@earthlink.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Manuela Hoelterhoff at +1-212-617-3486 or mhoelterhoff@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE