ソニー:中南米の有料テレビ事業を一部売却、2億ドルで(Update1)

ソニーは29日、米子会社ソニー・ピ クチャーズエンタテインメント(SPE)が、中南米で有料テレビ事業 を手掛ける合弁会社HBOラテンアメリカの持ち分の一部と権利を米メ ディア大手のタイムワーナーの関連会社に売却したと発表した。売却額 は2億1700万ドル(約200億円)。

SPEの持ち分比率は約29%から約8%に低下する。今回の売却に 伴い、ソニーは今期(2010年3月期)連結業績で税引き前利益約2億ド ル(約185億円)の計上を見込む。

またSPEは1月、欧州で有料テレビ事業を展開する合弁会社HB Oセントラルヨーロッパの保有株もタイムワーナーの別の関連会社へ売 却した。ソニーは売却益として今期税引き前利益約4500万ドル(約42 億円)を計上する。売却益の影響は中南米、欧州ともに業績予想に織り 込み済み。

SPEは中南米と欧州で過半数または100%の持ち分を保有するテ レビネットワーク事業に投資を集中する戦略をとっており、今回の持ち 分売却もその一環。SPEはHBOへのコンテンツ提供は続ける。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE