天然ガスは買い時か:ゴールドマンは50%上昇予想、エクソンも期待

米天然ガス相場は、ヘッジファン ドなど投機家が下落を見込むポジションを積み上げるなか、今年に入っ て最もリターン(投資収益率)の低いエネルギー銘柄となっている。そ の天然ガスに米石油大手エクソンモービルは285億ドル(約2兆6000 億円)を投資する。

歴史が繰り返すなら、ガス生産会社の米XTOエナジーを買収する ことで合意したエクソンのこの判断は正しいかもしれない。1998年12 月、エクソンがモービル買収を発表した3週間後に原油相場は1バレル 当たり10.35ドルの底値を打った。1年後には25ドルに上昇した。投 機家の投資判断によりガス相場は年初来で31%下落したが、米ゴール ドマン・サックス・グループや石油会社コノコフィリップスなどは軒並 みガス相場の上昇を予想している。

経済成長の加速に加え、大気汚染度の低い燃料の需要拡大、石炭価 格の上昇が工場や発電所、化学品メーカーのガス需要の伸びにつながる 可能性がある。これらの需要はガス消費の約6割を占める。ゴールドマ ン・サックスは、ガス相場の1年間の予想を100万BTU(英国熱量単 位)当たり6ドルとし、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の26 日終値である3.872ドルから50%以上上昇するとみている。

コノコフィリップスのジム・マルバ最高経営責任者(CEO)は 24日、ニューヨークでの会議で投資家やアナリストに対し、需要は景 気とともに回復するとの見通しを示した。「ガス相場は短期的には5ド ル近辺で推移するだろうが、長期的には6-8ドルに上昇する」と予想 した。

ガスは今年、ロイター・ジェフリーズCRB指数の構成銘柄のうち 粗糖の37%に次ぐ大幅な下落率を示している。米商品先物取引委員会 (CFTC)のデータとガス先物4月限の価格に基づけば、16日終了 週の投機家の売り越しは18万6983枚で、約70億ドル相当。米エネル ギー省によると、在庫は19日終了週に110億立方フィート増の1兆 6260億立方フィートとなり、過去5年平均を8%上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE