日本株は小反落、配当落ちで薬品や電力安い-景気敏感業種が支えに

東京株式相場は4営業日ぶりに小 幅反落。3月決算企業の期末配当落ち日を迎え、配当取得の権利を得た 投資家の売りが出やすく、高配当銘柄が多い医薬品や電力株が安くなっ た。日経平均株価が先週末に昨年来高値を更新し、短期的な過熱感が全 般的な買い手控えにつながった。

一方、米国景気の回復基調が確認されて全般的に売り圧力が弱いな か、為替のドル円相場が午前の途中からやや円安方向に動いたほか、中 国株の堅調も市場心理を上向かせた。鉄鋼や海運株が高く、電機や機械 といった輸出関連業種の一部も上昇し、相場を下支えした。

日経平均株価の終値は前週末比9円90銭(0.1%)安の1万986 円47銭、TOPIXは同0.59ポイント(0.1%)安の966.13。両指数 ともこの日の高値圏で取引を終えた。

しんきんアセットマネジメント投信の鈴木和仁ストラテジストは、 先週末に配当狙いの買いが入った反動に加え、「世界的に景気回復の流 れがはっきりしてきたことで、投資家は景気変動の影響を受けにくいデ ィフェンシブ業種の持ち高を落とし、景気敏感株にシフトしつつある」 との見方を示していた。

日経平均は先週末、約2カ月ぶりに昨年来高値を更新し、目先の目 標達成感がある。加えて、東証1部の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数 の割合を示す騰落レシオ(25日移動平均)が26日時点で132%と、引 き続き過熱気味とされる120%以上にあり、短期間での上昇に対する警 戒感が強い。

東証1部業種別33指数では、水産・農林、医薬品、パルプ・紙、 電気・ガス、その他製品、食料品が下落。高配当銘柄として知られる武 田薬品工業や東京電力、NTTドコモが安い。任天堂やみずほフィナン シャルグループなど直近1カ月間の上昇が目立っていた銘柄も下げた。

もっとも、ギリシャの財政不安が和らぎつつあるほか、米国景気の 回復基調も確認されており、株式相場の下値は固かった。日産センチュ リー証券ディーリング部の菊池由文部長は「配当権利落ちの影響を考慮 すると、相場は実質的に続伸」と指摘する。ブルームバーグのデータに よると、日経平均ベースの配当権利落ち分は72円。

26日の米国で発表された3月のロイター・ミシガン大学消費者マ インド指数(確定値)は73.6と、エコノミスト予想中央値の73.0を上 回った。米国景気の回復に、為替の直近円安値での推移と中国株高が重 なり、景気敏感業種が買われた。日本郵船などの海運株も上昇し、新日 本製鉄など鉄鋼株、三菱マテリアルといった非鉄株が高い。鉱業、ガラ ス・土石製品、銀行、証券、その他金融株も上昇。

東証1部の売買高は概算で19億8089万株、売買代金は1兆2690 億円。値下がり銘柄数が893、値上がり672。

ガリバー急落、半導体関連高い

個別では、中古車販売の苦戦が響き、10年2月期の連結業績予想 を減額修正したガリバーインターナショナルが11%安と急落し、東証 1部の値下がり率1位。大和証券キャピタル・マーケッツが投資判断を 引き下げたカプコンが小反落。

半面、1-3月期に営業黒字に転換する可能性が高まった、と日本 経済新聞で報じられたアドバンテストが小幅高。収益環境の好転が認識 され、同じ半導体関連では東芝、エルピーダメモリ、NECエレクトロ ニクスも買われた。米グーグルの無償OS(基本ソフト)搭載の多機能 携帯端末を4月に発売すると発表したソフトバンクも上昇。

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前週末比0.3%安の52.88、 東証マザーズ指数は0.8%高の443.56、大証ヘラクレス指数は0.7%高 の621.40とそろって小動き。個別では、メディアシークが大幅安。サ イバーエージェント、スターバックスコーヒージャパン、ウェッジホー ルディングスも下げた。半面、日本通信、ダヴィンチ・ホールディング スが買われ、アクロディア、スカイマークも高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE