欧州株:ほぼ変わらず、アライド・アイリッシュが安い-BHPは上昇

欧州株式相場はほぼ変わらず。 米格付け会社、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が英国 の信用格付けのアウトルック(見通し)を引き続き「ネガティブ」 に指定し、財政赤字の増大が同国の景気回復を頓挫させるとの懸念 が広がった。一方で、3月のユーロ圏景況感は市場予想以上に改善 し、株式市場の下値を支えた。

アライド・アイリッシュ銀行は20%安。アイルランド銀行は 10%値下がりした。アイルランド政府設立のバッドバンクが不良債 権の買い取りを実施するに伴い、政府は両機関への出資引き上げを 迫られると懸念されている。英国の住宅建設大手、バラット・デベ ロップメンツは2.9%安。2月の英住宅ローン承認件数が予想外に減 少したことが背景となった。一方、金属価格が上昇したことで、豪 BHPビリトンと英・オーストラリア系のリオ・ティントなどの鉱 山株が買われた。

ストックス欧州600指数は前週末比0.1%高の263.89で取引を 終了。プラス圏とマイナス圏を行き来する方向感に乏しい展開だっ た。ギリシャ懸念が緩和するなか、同指数は四半期ベースでは4四 半期連続でプラスとなりそうだ。2009年の3月9日以降、67%上昇 している。

KBLリシュリュー・ゲションの証券アナリスト、シクン・ダ ン氏(パリ在勤)は「株価が反発した後、値固めの動きとなったの は意外ではない」と述べ、「市場は圧迫されている。周辺諸国の財 政赤字といったリスクは決して払拭されていない」と指摘した。

29日の西欧市場では、18カ国のうち12カ国の主要株価指数が 上昇した。

S&Pは英国の長期ソブリン債信用格付けを「AAA」で据え 置き、信用格付けのアウトルック(見通し)を引き続き「ネガティ ブ」に指定すると発表した。英政府が財政赤字の削減について具体 的な手段を十分に示していないことを理由に挙げた。

欧州連合(EU)の欧州委員会が29日発表した3月のユーロ圏 景況感指数(速報値)は97.7と、2月の95.9から上昇し、2008年 5月以来の高水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミス ト28人の予想中央値では、3月は97.1と見込まれていた。

-- With assistance from Julie Cruz in Frankfurt.

Editors: Andrew European Stocks Are Little C

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Adria Cimino in Paris at +33-1-5530-6297 or acimino1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Merritt at +44-20-7673-2639 or dmerritt1@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE