ギリシャ支援計画はユーロ圏に「有害」-仏経済研のフィトゥシ会長

フランス経済研究所(OFCE) のジャンポール・フィトゥシ会長は、ユーロ圏諸国が合意したギリシ ャ向け緊急支援メカニズムについて、欧州にとって「有害」であり、 金融市場で新たな憶測を呼ぶことになるとの見解を示した。

フィトゥシ会長は27日、イタリアのチェルノビオでブルームバ ーグテレビジョンのインタビューに応じ、「極めて危険な合意だ。欧州 は自らの問題に対処できないことを世界の面前にさらけ出している」 と指摘。「その他の国に関して憶測する機会を市場に与えるだろう」と 語った。

同会長はさらに、「欧州域内では他国よりも財政状態の悪い国が常 に存在する。ある国を救済する合意の実現が極めて困難であろうこと を金融市場は分かっている」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE