英中銀のセンタンス氏:世界的な「不均衡」、景気回復で再拡大も

イングランド銀行(英中央銀行) の金融政策委員会(MPC)メンバー、アンドルー・センタンス氏は、 経済成長の回復に伴い、貿易フローと国内需要の世界的不均衡が再び 拡大する可能性があるとの見解を明らかにした。

センタンス氏は英国で来月1日に刊行されるエッセー集「ザ・フ ューチャー・オブ・マネー(仮題:マネーの未来)」で、世界貿易の統 合化により「国内需要が比較的強い国では赤字が巨額に膨らむ一方で、 輸出志向の強い経済では黒字が増大した」ものの、「こうした不均衡は リセッション(景気後退)に伴い、ある程度解消された。しかし、世 界的な景気回復が本格化すると、不均衡が再び拡大するリスクが明ら かに存在する」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE