第一生命:2万件の保険金不払い隠しとの報道否定、隠ぺいの事実なし

第一生命保険幹部が保険金不払い を隠ぺいしていると内部告発があったとの報道について、同社広報担 当の新子真正氏は「幹部による隠ぺいの事実はない」とし、「少なくと も2万件以上」と報じられた隠ぺいの件数についても「根拠のない数 字」だと指摘した。

また、内部告発の具体的な内容については、告発者保護の目的で 明らかにできないと話した。

朝日新聞は28日付朝刊で、第一生命の複数職員が「大量の保険 金不払いを幹部が隠している」と、会社側や金融庁に内部告発してい ると報じた。同社の部長級幹部が、少なくとも2万件以上、計数十億 円相当の保険金支払いの可能性が高い案件を把握していたにもかかわ らず、契約者に請求の案内をしなかったと伝えている。

金融庁広報室の油布志行室長はブルームバーグ・ニュースの取材 に対し「正式に発表できるものはまだ何もない」と答えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE