鉄鉱石価格が4月から2倍に、ブラジル大手と合意見通し-読売

日本の鉄鋼大手各社とブラジルの 鉄鉱石最大手ヴァーレとの間で行われていた鉄鉱石の輸入価格をめぐ る交渉が、2009年度の約2倍の1トン当たり110ドル前後で3月末に も決着する見通しとなった、と27日付の読売新聞夕刊が報じた。

輸入価格は、過去最高だった08年度の77ドルを大幅に上回るの が確実で、4月から適用されるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE