米アップル、富士通から「iPad」商標取得-特許商標庁

来月3日にタブレット型パソコン 「iPad(アイパッド)」を発売予定の米アップルが、商品名の所有 権を富士通から取得したことが、米特許商標庁(PTO)の資料で分 かった。

iPadの商標をめぐっては、富士通に携帯端末の名称としての 使用が認められており、アップルが異議申し立てを検討していた。こ のほど富士通からアップルに譲渡されたという。

アップルはiPadの商標を取得したことで、富士通との法廷闘 争の可能性を排除できる上、第三者による無断使用を防ぐことが可能 になる。

アップルの広報担当スティーブ・ダウリング氏は、PTOの資料 以外の内容に関するコメントを控えた。富士通の顧問弁護士エドワー ド・ペニントン氏もコメントしていない。

このニュースはパテントオーソリティ・ドット・コムが先に報じ た。

-- Editors: Charles Carter,Glenn Holdcraft.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Susan Decker in Washington at +1-202-624-1941 or sdecker1@bloomberg.net; Connie Guglielmo in San Francisco at +1-415-617-7134 or cguglielmo1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net; Jonathan Thaw at +1-415-617-7168 or jthaw@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE