中国当局が毒入りギョーザ事件の被疑者を逮捕-日本政府に通報

中国政府は26日夜、日本政府に対 し、毒入りギョーザ事件の被疑者を逮捕したと通報した。外務省が外 務報道官談話として27日未明に発表した。

外務省が発表した中国外交部からの通報によると、被疑者は天洋 食品工場の職員で、動機は給料・待遇に対する不満、他の同僚との間 の問題から、個人的なうっぷんを晴らすためにギョーザに毒を混入し たという。また、中国公安部から通報によると、被疑者は河北省出身 の呂月庭という36歳の男で、天洋食品工場の臨時労働者で現在刑事拘 留中という。中国側は日本側が希望すれば共同捜査を行う用意がある という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE