韓国の海軍艦船が沈没、南北境界付近-原因は依然不明

韓国大統領府の当局者によると、 黄海上の南北朝鮮の境界に近いベンニョンド島の沖で韓国海軍の哨戒 艇が沈没した。原因は明らかになっていない。

政府の方針として匿名を条件に話した同当局者によれば、58人 の乗員を救出、約50人を現在捜索中。李明博(イ・ミョンバク)大 統領は急きょ安全保障関係閣僚の会合を開き、事件について協議した という。これ以上の詳細には触れなかった。

同当局者は、船尾に穴が開き、現地時間26日午後9時ごろから 沈み始めたとした上で、原因は不明だと述べた。韓国国防省の報道官 も穴が開いた原因については不明だとしている。

大統領府の当局者は、韓国海軍がレーダーに映った物体に向け北 方に威嚇射撃を行ったことを明らかにしたものの、その物体が鳥の群 れだった可能性もあると説明した。これより先、海軍が国籍不明の船 舶に向けて発砲したと報じられていた。

米国防総省の報道官、マーク・ライト中佐は、「現時点で韓国か ら支援要請は受けていない」と語った。韓国に配備している2万 8500人の米軍に対して、警戒レベルを上げたかどうかについては コメントを控えた。

別の報道官、ブライアン・ホイットマン氏は、「われわれは報道 を承知しており、事態を見守っている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE