毒入りギョーザ事件:中国警察が36歳容疑者逮捕-新華社

中国警察当局は、2008年に発覚 した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、冷凍ギョーザに毒を混入した として、河北省の製造元「天洋食品」の元臨時従業員、呂月庭容疑 者(36)の身柄を拘束した。中国国営の新華社通信が公安部の発表 を引用して伝えた。この事件では、日本に輸出された中国製冷凍ギ ョーザを食べた10人が中毒症状を起こした。

新華社によると、呂容疑者は容疑を認めており、待遇への不満 や、一部の同僚とうまくいっていなかったことから犯行に及んだと いう。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net

Editor:Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-10-6649-7558 or navery2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE