英経済運営を任せたいのは与党・労働党、昨年から立場逆転-世論調査

英与党・保守党を率いるブラウ ン首相とダーリング財務相の経済運営に対する国民の信頼感が、野 党・保守党への支持を上回り、昨年から立場が逆転したことが世論 調査で判明した。

調査会社コムレスが24日のダーリング財務相の予算演説後に実 施した調査によると、33%が与党に現在の危機における経済の舵取 りを任せたいと回答。これに対し保守党のデービッド・キャメロン 党首と財務担当を務めるジョージ・オズボーン氏に対する支持率は 27%だった。昨年12月の時点では、キャメロンとオズボーン両氏に 対する支持率は33%と、労働党の26%を上回っていた。

コムレスは1003人を対象に24、25両日に調査を実施した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE