アルゼンチン:既存サムライ債と交換の債券を発行へ-2回目

アルゼンチン共和国は26日、同国が 過去に発行し、デフォルト(債務不履行)となった円建て外債(サムラ イ債)と交換できる債券の有価証券届出書を財務省に提出した。

サムライ債の社債管理会社を務めている三菱東京UFJ銀行広報部 の竹内崇上席調査役は、「前回5年前に行ったエクスチェンジ・オファー (債券の交換)に応じなかった投資家などが対象」と説明した。既に応じ た投資家も対象に含むという。

届出書によると、交換される債券は「元本削減債」という名称で券面 総額188億円で、発行価格は33.7円につき100円。投資家が交換に応じ ると「対象債券の元本の33.7%に一定の調整を加えた金額に相当する元 本削減債を受け取る」としている。申込は4月12日から5月7日、アル ゼンチン共和国大使館で取り扱う。

同時に、アルゼンチン共和国は、サムライ債以外のドル建て債、ユー ロ建て債についての債券の交換にかかわる有価証券届出書も提出してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE