香港株(終了):反発、ハンセン指数は1週ぶり大幅高-HSBC高い

香港株式相場は反発。指標のハン セン指数が1週間で最大の上げとなった。欧州首脳らがギリシャ支援 の仕組みで合意に至ったことを好感した。

収入の36%を欧州で得る英銀HSBCホールディングス(5 HK) は2.3%上昇。売り上げの85%を欧州が占める衣料小売りのエスプ リ・ホールディングス(330 HK)も4.8%高。

衣料専門店のジョルダーノ・インターナショナル(709 HK)は、 JPモルガン・チェースが投資判断を「オーバーウエート」に引き上 げ13%高と急伸した。

香港の不動産大手、チョンコン・ホールディングス(長江実業集 団、1 HK)は2.2%上昇。1億8000万香港ドル(約21億5000万円) 相当の新築住宅販売の見通しを示したことが好感された。ハンルン・ プロパティーズ(恒隆地産、101 HK)も3.4%高。

一方、中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK) は利益が市場予想を下回り0.8%下落。同社の2009年通期純利益は 1034億元(約1兆4000億円)だった。ブルームバーグ・ニュースが まとめたアナリスト14人の予想中央値では、1063億元と見込まれて いた。

ハンセン指数は前日比274.56ポイント(1.3%)高の21053.11 と、17日以来で最大の上昇。騰落比率は5対1だった。ハンセン中国 企業株(H株)指数は前日比1.2%高の12050.33。

リッチランド・キャピタル・マネジメントのマネジングディレク ター、アレックス・アウ氏は、ギリシャの債務問題について「市場は 安心した」とし、「市場は最終的に、これがもはや問題ではないと気付 くだろう。数週間のうちに問題は解決すると思う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE