人民元の上昇容認は今年上期の可能性も、圧力増大で-ゴールドマン

中国当局が今年1-6月(上期) に人民元の上昇を容認する可能性が高まっているとの見方を、米ゴー ルドマン・サックス・グループが示した。貿易相手国が中国からの輸 入品への新たな課税をほのめかしていることが背景にある。

ゴールドマンのエコノミスト、マイケル・ブキャナン氏(香港在 勤)は25日付リポートで、「中国当局が2010年7-12月(下期)に 人民元の上昇を容認するというわれわれの基本的な見方は変わってい ないが、それが若干早まるリスクが拡大しつつある」と指摘した。

ブキャナン氏は、人民元が下期に5%上昇すると予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE