平和不株が急落、都心のプロジェクトで損失計上-今期最終赤字に一転

不動産の賃貸や住宅やマンション の分譲を手掛ける平和不動産の株価が、前日比5.6%安の288円まで急 落。都内での大型プロジェクトを対象に損失を計上し、今期(2010年 3月期)の連結最終損益が従来計画の黒字から一転赤字に転落する見通 しとなった。期末配当見送りも決めたため、失望売りが膨らんだ。

同社が25日の取引終了後発表した業績予想修正によると、今期連 結最終損益は88億円の赤字の見通し。従来は16億円の黒字を見込んで いた。前期実績は8億6200万円の黒字。最終赤字に陥るのは上場来初 めて。

三菱地所などと共同で進めていた「北新宿地区第2種市街地再開発 用地」(東京・新宿)と「日本テレビゴルフガーデン跡地」(東京・新 宿)の大型プロジェクトを対象に損失を計上することなどが要因。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE