ドバイ株:上昇、3カ月ぶり大幅高-政府の資金拠出表明を好感

アラブ首長国連邦(UAE)ド バイ首長国の株式相場は25日、3カ月ぶりの大幅高となった。ドバ イ政府が、政府系持ち株会社ドバイ・ワールドに最大95億ドル(約 8800億円)を支援すると表明したことが好感された。傘下の不動産 開発会社ナキールの社債価格は上昇し、クレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場ではドバイ債の保証コストが低下した。

世界一の超高層ビルを建設したエマール不動産は前日比8.8% 高。資産規模でUAE最大の銀行、エミレーツNBDは昨年12月以 来の高値を付けた。指標となるドバイ金融市場総合指数は4.3%上 昇の1845.21と、昨年12月14日以降で最大の上昇率となった。

ブルームバーグの価格によると、ドバイ時間午後4時36分(日 本時間同9時36分)時点で、7億5000万ドル規模のナキールのイ スラム債(2011年1月償還)は額面1ドルに対し94.375セントと 大幅上昇。CMAデータビジョンによれば、ドバイ債のCDSスプ レッドは38.2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

384.5bp。これはドバイ危機発生後に付けたピークから41%低い 水準となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE