米政府、銀行に失業者の住宅ローン返済額削減を求める公算-Wポスト

オバマ政権は米国の銀行に対し、 失業者を対象に住宅ローン返済額の削減や一時的免除を求める可能性 がある。米紙ワシントン・ポスト(WP、オンライン版)が25日、複 数の政府関係者の話を基に報じた。

同紙によると、支払い額は借り手の年収の31%以下に削減される 可能性がある。同プログラムは7000億ドル(約64兆8000億円)規模 の金融安定化策の残額で賄われるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Greg Chang at +1-415-617-7076 or gchang1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE