仙谷戦略相:「国債引き受け機関」になる懸念-郵貯改革案

仙谷由人国家戦略相は26日午前 の閣議後会見で、ゆうちょ銀行の預入限度額を現行の1000万円から 2000万円に引き上げる案について、同行の資金の運用先が限定的であ ることなどから、「国債引き受け機関みたいになる」との懸念を表明 した。

預入限度額が引き上げられ、同行が国債投資を増せば、国債の安 定消化や国債費の抑制につながるとの考え方に対しては「市場の不信 を最も買う論理だ」と述べ、財政規律に対する国債市場の不信が高ま る可能性があるとの考えを示した。

さらに、「蓄積された資金の出口が決められていない、あるいは 国民にあまり分かっていない。何となく隠れた国家保証の下で、資金 がそちらに流れていく可能性はないのか」と指摘し、閣内での十分な 議論と国民への説明が必要だと強調した。

同日朝に開かれた閣僚懇談会の場で仙谷戦略相は、平野博文官房 長官に対し、郵政事業の改革案を議論する新たな場を作ってほしいと 要請。同相によると、2、3人の閣僚からは政治的に大きな課題なの で十分に議論すべきだとの発言があった。鳩山由紀夫首相からは最後 に、あらためて全体的な懇談会を開くので、その中で議論してほしい と指示があったことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE