硝子株が反発、中国に液晶画面用のガラス基板工場を新設

旭硝子株が反発。前日比11円(1.1 %)高の1011円まで上昇している。同社は25日に中国江蘇省にTFT- LCD(薄膜トランジスタ方式液晶ディスプレイ)用大型ガラス基板の 生産拠点を新設すると発表した。資本金約31億円で現地法人を設立し、 「第8世代」と呼ばれる大型ガラス基板まで対応可能な加工ラインを設 置するという。2011年秋に量産を開始する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE