UBS、米州の富裕層資産部門で約200人を解雇へ-関係者

資産規模でスイス最大の銀行UB Sは、米州ウェルスマネジメント(富裕層向け資産管理・運用)部門で 約200人を解雇する。決定について知る関係者1人が語った。

解雇については非公開だとして同関係者が匿名を条件に語ったと ころによると、削減対象には約25人のマネジング・ディレクターが含 まれ、商品開発関連の従業員などが影響を受ける。削減数は2009年末 現在の従業員数1万6925人の約1.2%に相当する。

元メリルリンチの幹部で昨年、同部門責任者としてUBSに入行 したロバート・マキャン氏は先月、同部門を3地域体制から2地域体制 に改編した。UBSは同部門の税引き前利益を09年の3200万スイ ス・フラン(約27億6000万円)から、向こう3-5年間に10億フラ ン強に拡大することを目指している。

同部門は約7000人のフィナンシャル・アドバイザーを抱え、運用 資産は6900億フラン。マキャン氏は昨年11月、メリルリンチで同僚 だったボブ・マルホランド氏とブライアン・ハル氏、ジョン・ブラウン 氏、ポーラ・ポリト氏を採用した。

今回の人員削減については、米紙ウォールストリート・ジャーナ ル(WSJ、オンライン版)が先に報じていた。UBSの広報担当者ケ リー・スミス氏はコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE