3月26日の米国マーケットサマリー:株が小幅高、国債も上昇

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3421 1.3273 ドル/円 92.49 92.73 ユーロ/円 124.13 123.08

株 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率 ダウ工業株30種 10,850.36 +9.15 +.1% S&P500種 1,166.59 +.86 +.1% ナスダック総合指数 2,395.13 -2.28 -.1%

債券 直近利回り 前営業日比 米国債2年物 1.05% -.03 米国債10年物 3.85% -.03 米国債30年物 4.75% -.01

商品 (中心限月) 終値 前営業日比 変化率 COMEX金 (ドル/オンス) 1,105.40 +11.30 +1.03% 原油先物 (ドル/バレル) 80.16 -.37 -.46%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで上昇。欧州連 合(EU)首脳がギリシャに対し、国際通貨基金(IMF)からの 融資と2国間融資を組み合わせた支援策を準備することで合意した。 これを好感し、ユーロは10カ月ぶりの安値から戻した。

豪ドルとカナダ・ドルが下落。米ドルやユーロに対する上昇は 持続できないとの見方から売りが出た。ユーロは主要16通貨すべ てに対して上昇した。欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁がギ リシャ救済へのIMF関与について、批判的な態度を軟化させたこ とが支援材料。

UBSの為替ストラテジスト、ブライアン・キム氏は「昨日の 合意を受けた安ど感がユーロを押し上げた」と指摘。「安全網を敷 き、それにドイツが参加するのは良いことだ。合意はギリシャにと って最悪の場合のよりどころであり、デフォルト(債務不履行)の 確率を下げるものだ」と指摘した。

ニューヨーク時間午後2時18分現在、ユーロは対ドルで0.9% 上昇して1ユーロ=1.3387ドル(前日は1.3273ドル)。一時は

1.3268ドルと、昨年5月7日以来の安値を付ける場面もあった。対 円では0.7%高の1ユーロ=123円88銭(同123円8銭)となった。 円はドルに対して0.2%上昇し、1ドル=92円52銭。前日は92円 73銭だった。

◎米国株式市場

米株式相場は小幅上昇。アナリストによる投資判断引き上げや 買収観測、ギリシャのデフォルト(債務不履行)回避に向けた欧州 連合(EU)の計画が手掛かり。取引後半では韓国と北朝鮮の緊張 が高まる可能性を警戒して伸び悩み、上げ幅のほとんどを消して引 けた。

家電販売のラジオシャックは大幅高。同社が身売りを検討して いるとの報道がきっかけ。アップルをはじめ自動車保険大手のプロ グレッシブ、アパレルのアーバン・アウトフィッターズ、学資ロー ンのSLM(サリーメイ)が上昇。アナリストによる株価目標や投 資判断の引き上げが好感された。黄海の南北朝鮮の境界線近くで韓 国の海軍艦船が沈没したとの報道をきっかけに、主要株価指数は日 中の高値からは値を下げた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株 価指数は前日比0.1%未満上昇の1166.59。艦船沈没のニュースが伝 わる前は一時0.7%上昇していたが、報道後には0.4%下落する場面 もあった。ダウ工業株30種平均は9.15ドル(0.1%)高の10850.36 ドル。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズのランディ・ベイ トマン最高投資責任者(CIO)は、「相場が持ちこたえているこ とがわかるにつれて、様子見していた投資家の資金がさらに流入し てくる」と指摘。「経済指標や企業業績は力強い。ギリシャ問題解 決への決意もみられる。株式市場は順調で、乗り遅れたくないとの 見方が広がっている」と述べた。

◎米国債市場

米国債相場は4日ぶりに上昇。利回り上昇で投資妙味が出てき たとの見方から買いが入った。今週実施された過去最大に並ぶ総額 1180億ドル規模の国債入札では、需要が過去の平均を下回った。

韓国海軍の艦艇が沈没したとの報道を受け、国債への逃避の動 きが出ているとの観測で、2年債が上昇。グリーンスパン前米連邦 準備制度理事会(FRB)議長は、ブルームバーグテレビジョンと のインタビューで、最近の利回り上昇は「坑道のカナリア」のよう だとし、米国の巨額債務に対する投資家の懸念を反映していると指 摘した。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(コネチカット州スタ ンフォード在勤)は、「米国債相場は投資家が進んで買いに動く水 準にきている」と分析。「利回りがかなり上昇したことから、押し 目買いの動きが出ている。海外からの悪いニュースはどんなもので あろうと、こうした動きを後押しするだろう」と述べた。

BGキャンター・マーケッツ・データによると、ニューヨーク 時間午後2時48分現在、2年債利回りは3ベーシスポイント(b p、1bp=0.01ポイント)低下し1.06%。同年債(表面利率1%、 2012年3月償還)価格は、2/32上げて99 7/8。

10年債利回りは2bp下げて3.86%。前日は3.92%と、6月 11日以来の高水準を付ける場面もあった。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は上昇。欧州の債務懸念の高まりを背 景に金への需要が高まるとの見方が広がり、今週に入り最大の上げ となった。南北朝鮮の境界線近くの海上で韓国軍の艦船が沈没した 事件も買いを支えた。

米ニュースレター「ガートマン・レター」のエディターとして 知られるエコノミスト、デニス・ガートマン氏は「欧州諸国のギリ シャ支援は一時的なものにすぎない」と指摘し、「ユーロの先行き は恐ろしく脆弱(ぜいじゃく)だ。保有資産としてユーロを買って きたもののドルを増やすのは依然不安だと感じている中銀は、金に 向かうより手立てはない」と記述した。

ユーロの対ドル相場は一時1.1%高。欧州連合(EU)首脳会 議で、ユーロ圏16カ国首脳はドイツとフランスが提案したIMF 融資と2国間融資を組み合わせる支援策を支持した。ユーロ建て金 相場は5日に過去最高を記録した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物6月限は前日比11.30ドル(1%)高の1オンス=1105.40ドルで 取引を終了。中心限月の上げ幅としては16日以降で最大。週間ベ ースでは0.2%下落した。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油相場は3日続落。米国内総生産(GDP)の 増加率が予想を下回ったことで、燃料需要の伸びが減速するとの懸 念が強まった。

原油は一時0.7%下落。米商務省が発表した2009年第4四半期 (10-12月)の実質GDPは、前期比年率5.6%増と、ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値を下回った。 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)によると、ガソリン需 要は1年前の水準を0.1%下回っている。

MFグローバル(ニューヨーク)のエネルギー担当バイスプレ ジデント、マイク・フィッツパトリック氏は「経済成長の強さと持 続性に関して疑念が強まっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前 日比53セント(0.66%)安の1バレル=80.00ドルで取引を終了。 週間ベースでは1.2%下げた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE