独ダイムラー、仏ルノーとの資本提携に金庫株を活用も-関係者

世界2位の高級車メーカー、ドイ ツのダイムラーが仏ルノーとの資本提携計画で、自社株(金庫株)の 活用を検討していることが、事情に詳しい関係者2人の話で分かった。

ダイムラーは発行済み株式の3.5%を保有。「スマート」ブラン ドの拡充や「メルセデスベンツ」ブランドの小型車向けエンジン・部 品の供給でルノーと提携するため、この金庫株を使う可能性がある。 交渉が非公開であることを理由に同関係者が匿名を条件に明らかにし た。決定はまだ下されていないという。

ダイムラーは現在、メルセデスベンツの小型車ラインアップの倍 増やスマートの大型版投入に向け、提携相手を模索中。別の関係者に よると、ルノーは最大3%の株式を持ち合う相互出資を提携条件とす る方向で交渉を進めている。最終的な出資規模はまだ決まっていない という。

野村証券で自動車業界を担当するマイク・ティンダル氏(ロンド ン在勤)は「利益率とエンジンの大きさの相関関係は強い」と指摘。 消費者の小型車志向が強まっている市場で利益を上げる方法を見つけ ることがダイムラーにとって極めて重要だと付け加えた。同社が金庫 株を保有すべき理由はあまりないとしている。

25日のフランクフルト市場でダイムラーの株価終値は、前日比

1.5%高の35.02ユーロ。株式時価総額は372億ユーロ(約4兆5800 億円)。ルノーは5%高の35.53ユーロ。ダイムラーは世界最大のト ラックメーカーでもある。

ダイムラーは、ルノーとの提携に金庫株を活用することで、新株 発行を回避することができる。事情に詳しい関係者2人が15日明ら かにしたところによると、両社は交渉に際し、バリュエーション(株 価評価)をめぐる見解の相違を解消できずにいた。

ダイムラーの広報担当イエルク・ホーウェ氏はコメントを控えた。 ルノーの広報担当フレデリーク・ルグレーブ氏は、ダイムラーを含む 複数の自動車メーカーと交渉していると述べ、それ以上のコメントを しなかった。

関係者によると、ダイムラーとルノーの最終合意は来月以降にな る可能性がある。ダイムラーは6月末までに提携相手を確定したい考 え。

-- Editors: Kenneth Wong, Chris Jasper

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Chris Reiter in Berlin at +49-30-70010-6226 or creiter2@bloomberg.net; Jacqueline Simmons in Paris at +33-1-5365-5055 or jackiem@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kenneth Wong at +49-30-70010-6215 or kwong11@bloomberg.net; Jeff St.Onge at +44-20-7073-3223 or jstonge@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE