英国債:10年債、続落-財政再建目標を達成できないとの観測で

英国債市場では10年債相場が 続落。英国が財政赤字の削減目標を達成できないとの懸念が台頭。景 気回復も背景に、新発国債が供給過多になる可能性が高まった。

10年債利回りは1週間ぶりに4%を超えた。この日発表された 2月の英小売売上高指数が2008年5月以来の大きな伸びとなったこ とで、景気回復が本格化しているとの兆候が強まった。米パシフィッ ク・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、英国債に対 して「慎重」であることを明らかにした。ダーリング英財務相が24 日公表した予算案で財政赤字削減に向けた具体策が欠けていたことを 理由に挙げた。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の債券ストラテジスト、 オーランド・グリーン氏は「予算案の影響がまだ残っている。詳細が あまりなく、財政赤字を大幅に削減するという印象がない」と語った。

ロンドン時間午後4時38分現在、10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイト(bp、1bp=0.01%)上昇の4.02%。前日は7b p上げていた。同国債(表面利率3.75%、2019年9月償還)価格 は0.31ポイント下げ97.86。一方、2年債利回りは1.18%と、前 日を3bp下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE