PIMCOのグロス氏:債券相場は最盛期を過ぎた可能性も

米パシフィック・インベストメ ント・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用 するビル・グロス氏は、ほぼ30年続いた債券相場の上昇は終わりに 近づいているかもしれないと指摘した。

グロス氏は各国政府が急増する財政赤字を賄うため、記録的規模 の国債を発行しており、米国や英国、日本などの過剰な借り入れが最 終的にはインフレを引き起こすとの見方を示した。PIMCOは、財 政赤字が低水準な上、社債の利回りが高いドイツやカナダなどの債券 を購入するよう勧めている。

グロス氏は25日、カリフォルニア州のPIMCO本社からブル ームバーグラジオとのインタビューに応じ、「債券相場の最盛期は過 ぎたかもしれない」と指摘。「当社では利回りより、むしろスプレッ ド(利回り格差)への注目度を高めている。デュレーション(残存期 限)はインデックス(指数)よりも短めであるべきで、スプレッドに 関しては若干のリスクを取るべきだ」と述べた。

同氏は、米2年債利回りが直近の1.08%から、来年には1.25 -1.5%に上昇する公算が高いと語った。景気が強さを増し、米連邦 公開市場委員会(FOMC)が利上げを開始することを理由に挙げた。

その上で、「実質金利は上昇している」とし、「それが債券相場の 主な弱気要因だ」と続けた。

グロス氏は前日発表したコメントの中で、英国債は避けるべきだ とした一方、米国とブラジルの期間の短い国債や、ドイツや欧州「中 核国」の期間の長い債券に投資するよう勧めていた。

----With assistance from Michael McKee in New York. Editors: Dave Liedtka, Gregory Storey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Susanne Walker in New York at +1-212-617-1719 or swalker33@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先 Dave Liedtka +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE