元切り下げに現実味、通年で中国貿易赤字なら-ソシエテ・ジェネラル

仏ソシエテ・ジェネラルのストラ テジスト、アルバート・エドワーズ氏(ロンドン在勤)は、中国の貿 易収支が2010年通年で赤字となれば、人民元の切り下げは「極めて 現実的な結末だ」との見解を示した。

エドワード氏は25日付リポートで、「私がこれまで声高に言って こなかったことで重要なものの一つは、2010年に中国の貿易収支が赤 字に転じるということだ」と記述した。

さらに「中国が巨額の貿易赤字を抱えるようになれば、極めて現 実的な成り行きとして、中国が人民元を切り下げる可能性を投資家は 念頭に入れるべきだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE